2022年度 著者・論文/学会発表/講演

著者・論文

現在、表示する項目がありません。

学会発表

■Wallenberg症候群患者(lateropulsion)に対し 眼帯を用いた運動療法で視覚偏倚と立位バランスが改善した2症例

STROKE 2022
滝澤宏和(OT)

■回復期リハビリテーションにおける軸索型ギランバレー症候群一症例ー下肢筋力、歩行能力の経過についてー

第30回 埼玉県理学療法学会
松元織衛(PT)、緒方浩香(PT)、滝澤宏和(OT)

講演

■埼玉県理学療法士協会 高齢者福祉部 研修会

“自立支援を踏まえたアセスメントから目標設定ー左腕を集中的にリハビリしたいー”
本間綾(PT)

■埼玉県理学療法士協会 高齢者福祉部 研修会

“自立支援を踏まえたアセスメントから目標設定ー書道教室に通えるようにー”
三輪香奈穂(PT)

PAGETOP